ホームページ制作の料金相場とは?

ホームページ制作を制作業者に依頼する場合、特に初心者にとっては、料金相場がどんなものなのか知りたいことがあります。ホームページ制作の業界は以前であれば、ほとんど制作するところも制作出来るところも少なかったため何千万、何億とかかった時代もありましたが、今はそういう時代ではありませんので、ホームページ制作の料金相場を紹介します。

ホームページ制作の料金相場

ホームページ制作会社自体がピンキリであるように、ホームページ制作の料金もピンキリです。安ければ無料で制作出来たりもしますが、商用利用を目的とし、制作業者に委託する場合にはやはり業界の料金相場というものがあります。

結論から言うと、中小企業や個人事業主等のスモールビジネスで商用利用される、会社ホームページ、企業ホームページなどの制作料金相場は15万円~35万円です。

ホームページ制作料金の算出方法

そもそもホームページ制作料金はどのようにして算出されるのかというと、一般的には人件費プラスアルファです。つまり、一人の人間がどれくらい作業するかによって算出されます。

ページ単価等を設定しているところが多くありますが、それは人間の作業料金をページ単価に置き換えたものですので、算出の根拠はやはり人間の作業料金です。

結果、5~20ページくらいのホームページ制作の場合には平均的な相場価格は15万円~35万円に落ち着き、これよりも著しく安い場合には相当なラッキーでもない限り(感覚的には宝くじ当選確率程度)、品質も低いのが現状です。

制作料金に加わるその他の追加費用

前述のものはホームページ制作料金ですので、これにコンサルティング的要素が加われば料金は高くなっていきます。つまり、デザインフィーがそれくらいかかるのであって、そのホームページが成果を上げるか上げないかは考慮されないのが普通です。これは残念なことですが、現実です。

また、通常の一ページずつ作り上げていく静的ページ以外にCGIなどのプログラムが含まれる場合、これは別途プログラム開発料金が加算されます。分かりやすいところで言えば、メール配信システム、ショッピング機能等です。問合せフォーム等は今時インクルードなのが当たり前です。

したがって、やりたいことや、やれることが多いことに気付くと、いろいろ取り入れたくなるかもしれませんが、それには当然コストもかかります。

高額なホームページ制作料金

高額なホームページ制作料金には、100万円を超える制作料金をとるところもあります。また300万円などの料金をリースで支払うタイプのホームページ制作会社?!もありますが、スモールビジネスにおける会社ホームページ制作費だけでこれだけの料金がかかることは、今の時代、通常ありえません。つまりぼったくりです。

運転免許を取ったばかりで走るかどうか分からない高級車に乗るようなものですので、高額でもったいないばかりか、そもそもそれがデザインフィー(とサーバースペース、稀に少々のメンテナンス)だけだった場合には成果を上げるかどうかさえ分かりません。

ホームページのリースとASPは別のもの

一つ整理しておきますと、ホームページのリースとASP(Application Service Provider)は似て非なるものです。リースは高額なものを契約期間中分割払いし、借り受けるものですが、ASPというのは少額の月額利用料等で契約期間中そのサービスを利用できるものです。

前者は解約がほとんど出来ず、後者は辞めたければいつでも辞められます。具体例を挙げれば、不動産管理システムやネットショップがこの双方の形で存在します。

例えば、楽天やYahooショップをホームページだと言っていいものか分かりませんが、この場合にはネットショップのテナントというサービスを貸し出すASPですのでサービス自体が勝手にバージョンアップしていってくれます。

一方、自前でネットショップを一から構築した場合、一括で支払うにせよリースにせよ、システムが自動的にバージョンアップすることはありません。したがって、料金の支払い以外に、そのホームページ自体がバージョンアップしていくかどうかの違いがリースとASPにはあります。

初心者のためのホームページ制作外注指針

単純に高いからやめておいた方が良いということはありません。一点強くお伝えしておきたい点は、IT関連投資で一年以上かけてコスト回収するという考えは捨てておいた方が身のためだということです。

つまり、ホームページ制作に100万円かかろうが、300万円かかろうが、その投資が一年以内に回収出来る見込みがあるのであれば大きな問題にはならないでしょう。

しかし、スモールビジネスで、且つ、インターネットでビジネス展開をするのが初めての場合においては、初めからうまくいくのはほんの一握りの天才だけですので、楽観的無知は極めて危険です。

ご存知のようにITツールなどは非常にスピードが速く、すぐに新しいものが出てきます。これに必ずしもついていかなければいけないわけではありませんが、五年リースで縛られているのと、一年で最悪、損切りを考えられるビジネスは、圧倒的に後者のほうが柔軟にビジネスを成長させることが出来ます。

繰り返しになりますが、スモールビジネスにおける商用利用ホームページ制作の料金相場は15万円~35万円です。これはテナントではなく独自ホームページの場合で、リースやASPでもなく、コンサルティング等の成果を上げるためのアドバイス等は含まれないのが通常です。

尚、初心者の方には申し訳ありませんが、独学で勉強するか、良きアドバイザーを得ないままホームページを制作しても、まず、ホームページで成果を上げるのは難しいでしょう。自分に何が把握出来ていて、何をホームページ制作会社に依頼したいのかは、整理した上で、賢く外部のホームページ制作会社を利用されると良いかと思います。

参照:会社ホームページに独自ドメインが必要な理由
参照:ホームページ制作会社に任せたのに失敗する理由
参照:ECモール出店と独自ホームページ制作、どちらが稼げる?