自分の人生を変える

自分の人生を変えるには自分が変わる必要があります。そうでなければ人生を変える、のではなく、人生が変わった、になってしまうからです。そのため、人生を変えたければ、まず最初に自分の中身を変えなければ何も変わりません。

人生が変わること、人生を変えること

人は変化をしたくとも、心のどこかで変化を怖いと思っていたり、変化すること自体を嫌がっていたりするものです。そのため、自分の人生を変えたいと思ってもなかなか思うようにスイスイとは変わってくれません。

しかも、自分で変化しようとしても、その変化が単なる微修正に過ぎないような場合には、人生が変わるというほどまでには自分も変わりませんし、もちろん人生の方も変わってくれません。変化するのなら大胆に変化しないと誰も気付かない程度―誰かのために変えるわけでなくとも―にしか人生は変わりません。

人生を変えるほどの変化を自分の中で引き起こすには卓越した何かに触れ、何かを感じ取ったり、卓越したヒラメキが自分に舞い降りてくるようなことがなければなかなか難しいものです。人生を変える方法を簡単に教えることなど誰もが到底できないと思いますが、人生を変えるためのチャレンジはしてみる価値はありそうです。

自分の人生を変えたいと言う人ほど変化を恐れる

しかし、自分の人生を変えたいと願い、口にする人ほど本当は変わりたくない状況のままでいます。何にもチャレンジせず、現在いる場所から動こうとすらしません。人生を本当に変えたいと願うのであれば、新たな何かにチャレンジしてみるのは具体的で結果の出せる行動の一つです。それが失敗したとしても糧にしてやるさくらいの気概を持って。

結局、人生を変えるには、変えるための行動が必要です。これは、はっきりとしています。待っていても人生の方は変わってくれないからです。今の延長線上のままで良い人はそのままいれば良いでしょうし、自分の人生を変えたいと思うのであれば行動してみないことには現実は変わりません。

自分の人生を受動的にではなく、能動的に、コントロールして変えるのであれば、トライアンドエラー、つまり試行錯誤はどうしたって必要になります。あなたは自分の人生を変えようとする時、新たな物事に具体的な行動を持って取り組んでいるでしょうか?