ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャン戦略とは、血で血を洗うせめぎあいの市場をレッドオーシャン(赤い海)とし、そうではなく、競争のないブルーオーシャン(青い海)を切り拓く、あるいは、創出しようという戦略コンセプトのことです。

ライバルが沢山いるような競争の熾烈な既存市場は常に価格競争に陥りやすく、差別化も難しくなります。それに対して競争のほとんどない新たな市場は、ユニークで独占的なポジションを築きやすくなります。

現在進行形のビジネスでも、価値を昇華、高付加価値へのイノベーションを行うことでレッドオーシャンから抜け出てブルーオーシャンを創出できます。戦略キャンパスなどの分析ツールはともかくとして、価値をイノベーションしてブルーオーシャンを創出するというコンセプトはとてもためになるコンセプトです。