ブログとサイトとネットショップ、どれが良い?

これから、ネットビジネスを始める人や、既存ビジネスのネット販路開拓の場合、ブログ、独自サイト、ネットショップ、一体何から始めるのが近道かという悩みを持つ人は少なくありません。

例えば、実際にホームページを作成するつもりがあるとしても、最初は楽天やYahooに出店してネットショップとして始めたらいいのか、それともHTML等を勉強して独自サイトを作ってしまったほうがいいのか、それとも無料のサービスでブログを始めたらいいのか、出来そうな選択肢が目の前にいくつもあって迷ってしまうかもしれません。

ビジネスの長期的視点から考えておく

まずネットビジネスの観点から見た場合に選択肢として、ショッピングサイトでのスタートがあります。しかし、実際にこれを、運営サービス主以外でオススメするプロはいないかと思います。

参照:ECモール出店と独自ホームページ制作、どちらが稼げる?
参照:楽天やヤフーなどのECモール出店で失敗するのはなぜ?

ビジネスについて理解していて、「既存客もいる」「集客もできる」といった場合には、ショッピングサイトでも、様々な便益があります。しかし、全くインターネットでビジネスをしたことがない段階ではコストだけかかる事になるのが大半です。

これはテナント型であろうと独自型ネットショップであろうと同様です。商品戦略上の反応等をテストしてからショッピング機能を導入しても遅くはありません。初めから高度なレジと店舗機能だけを手にしてリアル店舗を開店するのと同じで、どんな商品を誰にどうやって売るのかを仮説検証してから、あるいは、そうした視点が先にあることが大切です。

ブログとは日記ではなくCMS

今でこそ、ブログとはほとんど日記の代名詞のようになってきてしまいましたが、実際にはCMS(コンテンツ管理システム)です。例えばこのホームページは独自サイトですがブログでもあります。

違う言い方をするとCMS(ブログ等)で作成された独自ホームページだと言えます。

家で考えてみると、全部自分で作り上げるタイプの家がCMSがトレンドになる前のホームページの制作手法でした。ところがCMSが登場したので、面倒なHTMLなどはあまり勉強しなくとも、ホームページを制作することが容易になりました。

他にも利点はいろいろありますが、CMSで作成されたホームページは更新も簡単にブラウザ上から行えるのでWebデザイナーなどでなくても簡単にサイトにコンテンツを追加していけます。

つまり、ネットショップではなく独自サイトを制作する場合、ブログ≒CMS=ホームページですので、CMSによってホームページを制作するのが現在一番合理的で、長期的に見てもコストパフォーマンスに優れます。

マーケティングスキルがない場合にネットショップ参入をすると、広告宣伝費、安売り合戦等、体力を消耗する事から先に降りかかります。既にマーケティングを行っていて営業力がある場合には、収益が増えることでしょう。

ブログに関しては日記だと捉えずにCMSだと捉えれば、出来上がるものに違いはありません。初めは日記のようなデザインで始めて、後からデザインを商用ホームページっぽくすることも可能です。したがって、CMSでホームページ制作をはじめるのが現在のおすすめ、ということになります。