ダイレクト・コミュニケーション・ツールの利点とは?

ダイレクト・コミュニケーション・ツールを利用したコンテンツマーケティングの利点では、大きなものに、活用のしやすさと顧客ロイヤリティの向上、ブランディングへの寄与があります。

ダイレクト・コミュニケーション・ツールはどんな業種で活用出来るか?

コンテンツマーケティングにあたっては、ウェブサイト上でのコンテンツ配信以外にダイレクト・コミュニケーション・ツールの活用が挙げられます。顧客とのコミュニケーションチャネルのうち様々なチャネルでそのチャネルにあった適切なツールを活用する方がユーザーのためにもビジネスサイドにとっても利便性が高まるためです。

それではそういったダイレクト・コミュニケーション・ツールは一体どんな業種で活用できるのかといえば、ほとんど全ての業種で活用できます。コンテンツマーケティングを初め、ダイレクト・コミュニケーション・ツールを活用する価値の低い業種というのは、つまるところ、顧客との継続的なコミュニケーションをとる必要がないビジネスの場合です。

購買頻度の低い商材やサービスのコンテンツマーケティング

そもそもコンテンツマーケティングはコンテンツを通して顧客とのエンゲージメントを高め、その上ウェブサイトではSEOにも寄与させるというような仕組み全体をさしますが、コンテンツを通して顧客とコミュニケーションを取り続けることに対して、一発売り切り型や購買頻度が一生に一度などのビジネス場合、顧客とコミュニケーションを取り続けることに意味を見出せないケースもあるようです。

しかし、高額の商品であっても、口コミを誘発するタイプの商材、例えば、住宅や車、高価なシステム等では、コンテンツマーケティングを初めとする顧客とのダイレクトコミュニケーションツールの利用価値は十分にあります。なぜかと言うと、継続的なコミュニケーションをとることにより、見込客を顧客に転換させていけるばかりか、売り手と顧客との絆が深まり、既存客からの紹介を得やすくなるからです。つまり、口コミにつながります。

一発売り切り型の商材やサービスの場合の顧客コミュニケーション

一方、一発売り切り型の商材やサービスを扱っている場合であれば、こうしたコミュニケーションツールどころか、コミュニケーションを行わず、新規顧客を獲得する為に、リスティング広告などで直接販売する方がいい場合もあります。ただし、これは、商材が放っておいても売れる、成長サイクル上、成長期にあたる場合や、高額でなおかつ口コミが考えにくいような商材、マスコミ掲載による花火が打ち上がった時くらいのものです。

したがって、中長期的な視点で見ていくと、どのような場合でも、顧客とコミュニケーションを取り続けておくことは、プラスに働くことが多くなります。ビジネスを続けていくのであれば、商材やサービスを転換した時の、売り先が確保できているという点から非常にスムーズに新規事業立ち上げ、新商品投入が出来るという利点もあります。

ブランドは必ず顧客とつながり続けている

例えば、ソニーのテレビを購入するユーザーがソニーのPCを購入しないか、ソニーのプレステを購入しないかというとそんなことはありません。同様に、トヨタのユーザーがトヨタブランドの家を買うことだって往々にしてあります。

これは単純にブランド認知度や信頼度が高いからだけということではなく、顧客リストの収集の段階は別々の窓口でも最終的に統合された顧客リストが出来上がっているからアプローチも出来ることで加速度的にセールスをかけることが可能になるからです。

その為、長い目で見れば見るほど、ほとんどの業種では、こうしたコミュニケーションツールを活用する事で、顧客との絆を深め、口コミによる紹介、成約率のアップといった収益アップ、顧客流出防止に役立てることが出来ます。顧客とのエンゲージメントを深め、増やしていくことがブランドが築かれていくことと同義なのですから当たり前と言えば当たり前の話です。

ダイレクトコミュニケーションツールの最大の利点

コンテンツマーケティングの具体的なツールともなるダイレクトコミュニケーションツールの活用は簡単です。ウェブサイトであればコンテンツを書いていけば良いでしょう。それ以外のツールの活用も同様です。一体どうやって始めればいいかが分からずに、顧客とのダイレクトコミュニケーションを始めていないビジネスは、まず何でもいいので、始めようとし、始めてみる事が大切です。

ブログやソーシャルメディアであれば子供から老人まで、特別なスキルなく、誰でも出来ますし、ニュースレター(オフラインやPDFなど)は学級新聞のようなもので、メルマガはそれをメールで行うだけのことです。

「効果があるのかないのかが分からない」、「大変そうだから今は忙しい」といったことを念仏のように唱えて後回しにする人もいますが、これは全く逆で、どのような形が良いのかなどやりながら分かっていくものですし、コミュニケーションツールをうまく活用できるようになると、顧客コミュニケーションが円滑に進むため忙しさが集約されます。

一人一人の顧客に対して真摯に対応するのも大切なことでしょう。しかし、年中同じ質問に対して同じ回答で喜んでもらったり満足してもらったりしているのにそれをツールに反映させていないとすれば、それは少々困った怠惰でビジネスの中の不要な無駄なことも多くあります。

したがって、ダイレクト・コミュニケーション・ツールの最大の利点は、こうした合理性に優れた結果を手に出来ることです。忙しいから出来ない状況から、やっているのに忙しくない状況、しかも儲かる状況へと変わっていくのです。これらのために働くのは人間でもロボットでもなく、コンテンツです。コンテンツは一度作れば資産になるというのはツールでありながらユニークであなたのビジネスのためだけに存在するものだからです。

参照:顧客との絆を深める具体的なアプローチとは?