コンテンツマーケティングのための情報やコンテンツ

似たような情報やコンテンツの中で似たような情報やコンテンツを投げても意味がありません。しかし、付加価値を追加したり、価値を革新させることなどで、新たにユニークで価値あるコンテンツを創りだすウェブサイトもあります。

コンテンツや情報の差別化・ポジショニング

古典的ポジショニング戦略は今でも相通じる本質があります。 それは、コンテンツマーケティングやSEO集客を実現するためのウェブサイトにせよ、ポジショニングが出来なければ居場所を失い、ウェブマーケティングは成功しないということです。

情報過多のコンテンツの市場でコンテンツマーケティングを行わなければいけない時もあれば、新たにユニークで魅力的なコンテンツを創出しなければいけない時もあります。どちらにしても、情報コンテンツの海の中で競合と差別化できる居場所をつくらなければウェブサイトは生き続けられないということです。

したがって、ネットのような情報コンテンツに溢れた空間の中でまた一つ情報コンテンツを注がなければならないということは肝に銘じておく必要があります。より具体的に言えば、誰にとっても価値のなさそうな情報コンテンツをポジショニングやSEOランキングのためだけに、増やしてはならないということです。そうした態度がはじめに据えられていないと、インターネットにあなたのウェブサイトやコンテンツの居場所は出来上がらない、ということです。

したがってコンテンツマーケティングをネットで行っていく場合、情報コンテンツの海でのポジショニングは、まずそこにどのような態度で臨むか、からはじまります。これはインターネットの話でしょうか。インターネットの話です。いつの時代の話でしょうか。現代の話です。コンテンツマーケティングの話でしょうか。コンテンツマーケティングの話です。

コンテンツマーケティングは価値に始まり顧客に終わる

溢れる情報コンテンツのインターネット上では競合サイトや競合コンテンツと同じでは存在感が示せず、埋もれてしまいます。そこで必要となるのがコンテンツや情報のユニークさ、差別化要素です。ユニークであるというのはただ変わっているだけでは意味がありません。あくまでも価値がユニークである必要があります。

ウェブに限らず現代のマーケティングは価値に始まり、顧客に終わります。 価値もないのにちょっとしたSEO対策やウェブマーケティングテクニックだけでどうこう出来るほど甘い時代は終わりました。インターネットの情報共有力によってです。インターネットはフェアでオープンですから当たり前といえば当たり前です。

したがって、コンテンツの最初にあるべきは顧客にとっての価値です。より、具体的には、顧客を魅了する価値です。情報過多なコンテンツや情報の市場でコンテンツマーケティングを行うにせよ、新たに魅力的なコンテンツを創出するにせよを創出するにせよ、価値あるコンテンツによるウェブサイトの存在感、情報やコンテンツの価値によるユニークさがあれば、ウェブサイトやあなたのビジネスは顧客に選ばれ、愛される資格を持ったことになります。今現在コンテンツにそれがないのであれば、コンテンツや情報を改善、創生、革新のいずれかしか、道はありません。

なぜならコンテンツマーケティングもやはり、コンテンツの価値に始まり、顧客(ユーザー)に終わるからです。