ネットビジネスで稼ぐということ

ネットビジネスで稼げるではなく、ネットビジネスで稼ぐとはどういうことか、です。ここでのネットビジネスは副業的なものからアドセンス系のブログ一本で稼ぐものまで、主に会社や事業ベースではなく、比較的ライトに行うものを指します。こうしたネットビジネスで稼ぐビジネススタイルの良いところは、大抵の場合自分でコントロールが効きやすいということです。

ライトなネットビジネスの良い点

ライトなネットビジネスの良い点は、例えば辞めたり、変えたりすることはもちろんのこと、時間をどれくらい使うのかは自分で決めればいいことです。事業ベースだとしても、そういう職業はありますが、一日にほんの数時間だけ、とか、週末だけ、という時間の使い方の仕事との向き合い方はなかなか難しいものでもあります。

そのため、ライトなネットビジネスがネットビジネスであるためには、本業の仕事時間領域を侵したり、最も自分の人生にとって価値のある時間を侵さない範囲で留めるという、謙虚さを持っていたほうがいいように思います。メインの時間があくまでも生活や人生の中心で、ネットビジネスはそれを支えるサブ的存在になるのかと。

もちろん、ネットビジネスでやりはじめたら、楽しくなって人生を賭けれるようなものになることもありますし、それはそれで副業的なものと割り切ることもあるでしょう。それは自分で自由に決めればいいと思います。いずれにせよ、ネットビジネスで稼ぐために必要なことはネットだからといって簡単ではないということでしょうか。

コツコツやれば身になるが、簡単に即金のようにはいかない

例えば、人と全く同じことを後発でやって、社会的にもあまり価値のないようなことを続けて稼げると考えるのは少しどうかしていますし、さらに言ってしまえば、稼げればなんでも手段を厭わないのかというとそういうわけでもないことは皆分かっていることかと思います。

そのため、真摯に、誠実に向き合って、それなりに創意工夫して賢く、考えながらやっていかないと、なかなか思うような結果にはたどり着けません。結局どんなことやっても頭も心も必要にはなるという、当たり前といえば当たり前のことですね。

ちなみに、英語ではビジネスには広義の意味があって、一つは商売、仕事という意味ですが、もう一つ、やること(やるべきこと、やりたくてやっていること)という意味があります。これに当てはめると、やはりネットビジネスはビジネスであり、仕事感覚、ビジネス感覚は必要になります。

そしてどうせなら、こうした広い範囲でのビジネスという意味において、ネットビジネスで稼ぎ、メインの人生や本業に貢献させ、生きている時間全体が充実するようでありたいものです。ネットビジネスで稼ぐということは、ビジネスで稼ぐ土俵がネットなだけです。この本質部分を抜いてしまってはどんなネットビジネスでも稼ぐことは難しいことは肝に命じておきたいところです。