成果を上げる商用ホームページ制作7つのポイントとは?

成果を上げる商用ホームページの制作には7つのポイントがあります。中小企業や個人事業主などのスモールビジネスがホームページ制作を行い成果を上げようというのであれば、絶対に外せないポイント。それが次の7つのポイントです。

成果の上がらない会社ホームページは嘆かわしい

「ホームページからの顧客が少ない」、「成果を上げるどころかホームページ制作コストすらペイしない」、「ホームページからは冷やかし客しかこない」など、ビジネスのためにホームページ制作を行ったのに、蓋を開けてみると多くの商用ホームページは成果を上げられずに嘆かわしい現実を目の当たりにしてしまいます。

例えばホームページ制作会社はホームページを制作する事がビジネスですので、極端な事を言ってしまえば、そのホームページが成果を上げるか上げないかに関してはノータッチ、という制作会社も少なくありません。

また、企業ホームページなどでいかにして成果を上げるか、といった部分に関してマーケティングの観点、ビジネスの観点からそのホームページの役割や位置づけを理解し、その為にどういった事を重要視しなければいけないか、までのノウハウを持ったホームページ制作会社は極めて稀です。

では、一体どうしたら会社ホームページなどの商用ホームページで成果を上げることが出来るのでしょう。ビジネスホームページが成果を上げるには、次の要素が不可欠です。

  1. 誰の為のホームページなのかが一瞬で分かる事
  2. 戻るボタンをクリックする前にホームページに関心を示せる程度、コピーや文章が分かりやすい事
  3. 訪問者にとって、どれだけの価値があるのかが明確に伝わっている事
  4. 購入なり、資料請求なり、問合せなり、ユーザーからコンバージョンを獲得するために、適切な導きがある事
  5. オフラインとのビジネスプロセスが適切に組み合わさっていること
  6. 検索エンジンからのユーザーを集客出来ている事
  7. 最低限、不信感を抱かせない程度のデザインがある事

それぞれについて、簡単に紹介します。

1.誰の為のホームページなのかが一瞬で分かる事

これは、インターネット利用者の性格ともよべる事項ですが、良く出来たホームページというのは、それが誰の為のホームページなのかが明確です。例えば、「英語を学びたい人」では大きすぎます。地域性であったり、抱えている悩みであったりと、実際にはもっと深い、心のカテゴリがあります。その人にとって、あっ、これは私の為のホームページだ、と思われるくらいの絞込みが必要です。

2.ホームページのコピーや文章が分かりやすい事

コピーライティングの良し悪しのまず第一歩は、具体的にどのような言葉を使っているかです。この、顧客に伝わる言葉が使われていなければ、訪問者は理解できず、戻るボタンをクリックしてどこかに去っていきます。

例えば、専門サービスのようなビジネスの場合は、売り手側の言葉でしかメッセージを表現できていなければ、見込客にとっては別言語になってしまいます。当然コミュニケーションは成立しませんので、出来る限り、顧客の側の言葉を使うようにしなければいけません。

3.どれだけの価値があるのかが明確に伝わっている事

ホームページにアクセスするユーザーにとっての価値とは一体なんでしょう。見込客であるユーザーにとっての価値というのは、いかに自分にとって役に立つか、いかに自分にとって今以上の何かをもたらしてくれるか、でしかありません。

その価値に対してお金を払うのですから、この価値が何気な くしか伝わっていなければ、特別にあなたと取引を始めようと思いません。なぜ、あなたを選ぶといいのか? この問いに対する理由が伝わると、どれだけの価値があるのか明確に伝わることになります。

4.現実にアクションを起こしてしてもらうために適切な導きがある事

会社ホームページなどでは、最終的にコンバージョン(購入、問合せ等の反応)といった何かしらのアクションを起こしてもらわなければ、ビジネスの成果につながりません。

ところが、意外にもこの、コンバージョンを引き起こすための導き、が分かりづらかったり、最適とは思えないような形にしてしまっている為に、思うような成果の上がらない会社ホームページはごまんとあります。

ホームページ全体のつくりによってもその導きは作られますし、実際にアクションをする部分で、何を明記するかによってもコンバー ジョン率は変わってきます。コンバージョンの為の、導き、促進が適切に設計されているとコンバージョンは生まれやすくなります。

5.オフラインでのビジネスプロセスが適切に組み合わさっている事

どこからどこまでをホームページ上で処理したいのか。例えば、契約を取るためなのか、契約をとる為に問合せてもらう事なのか、これは特に、通販形式で販売をしていない会社ホームページで重要になります。

店舗への来店や法人向けビジネスでの問合せを目的としている場合などでは、最終的に顧客との取引が行われるシチュエーションはホームページ上(オンライン)ではなく、オフラインでの出来事になります。

したがって、ホームページ上ではそのプロセスを分けた上で、どこまでのアクションをとってもらうか、を設計しておく必要があります。このホームページ上でのコンバージョン目標とオフラインでどこから引き継ぐかが明確にプロセス分けされていると、見込み客は行動を起こしやすくなります。

6.検索エンジンからの集客が出来ている事

成果につながるキーワードによる集客の事ですのでSEO対策ということになります。集客でき、ビジネスにつながるキーワードが適切に会社ホームページにも使われている事、検索エンジンから見込み客があなたのホームページに訪れることが出来るということは、電話帳に電話番号が登録されているのと同じ意味を持ちます。検索エンジンから成果を上げるキーワードできちんと集客できると、ネット集客の効率性は格段に増します。

7.最低限、デザインが洗練されている事

会社のホームページは営業マンです。営業マンが身なりが汚かったら信頼感を醸成できません。芸術的な程の美観は必要ありませんが、インターネットでの利用者の意識は、相対的なものです。

つまり、汚らしいホームページしか知らなければそれが普通だと思いますが、現実はそうではありませんので、著しくぐちゃぐちゃの企業ホームページは、今では劣って見えてしまいます。

現在では、CMSなどのおかげで、個人の方の運営するホームページのデザイン水準も随分と上がってきており、レイアウトもそうそう崩れていません。そういったホームページを見慣れている人がレイアウトの崩れたホームページを見れば場合によっては不信感さえ抱いてしまいます。

特に女性向け商材の場合では顕著ですが、美しくなる為の商品なりサービスのホームページが汚ければ、そこを信用しろというほうが、無理があります。最低限、会社やお店のホームページとして、怪しい、と思われないくらいの信頼感を持った美観も必要です。ただし、この順序を逆にしてしまっては本末転倒です。重要なのはあくまで内容で美観は一番最後です。

ホームページ改善のあたりをつける

ビジネスの形態やその他の事情により全てを克服するのは難しいかもしれません。ただ、これらはビジネスのためのホームページで成果を上げようと考えたら結局重要になってくるポイントです。もし、上記の中で気になる点があるのであれば、少なくとも改善をすべきヒントにはなるでしょう。今まで成果を上げていないホームページが、何もしていないのに、ある日突然効果を生む事などありえません。

まずはあなたのホームページでこれらの項目が今どうなっているのか、その上で、何を改善することがプライオリティとして高いものなのかをチェックしてみてはいかがでしょう。